新会社法の施行により、資本金1円以上でも取締役1人以上で会社設立が可能になりました。
以前は、会社の設立をしたくてもお金が無くて実現出来ないという人もいたでしょう。
しかし、今は会社設立が誰でも出来る時代になってきたといえます。
初めて会社設立を行う人にとっては、様々な不安があると思います。
竹田会計事務所は、会社設立の代行によりお客様の不安を少しでも軽減出来ればと考えます。

株式会社を設立する為には、以下のような基本的事項を決める事から設立は始まります。
1.商号
2.会社の目的
3.本店の所在地
4.設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
5.発起人の氏名または名称及び住所
6.役員の選出と承諾
7.事業年度の決定

尚、1〜5は定款に記載しなければなりません

会社設立の流れ

_饉劼隆靄椹項となる事項の決定
また、業種や目的によっては、役所への許可、認可、申請が必要になります。

会社代表者印の作成

D蟯召鮑鄒および定款の認証
定款とは、すべての会社に作成が義務づけられた書類で、経営全般に関する基本事項を定めた重要な書類です。

ざ睛撒ヾ悗惱仍餠發諒Чみ
出資金を、金融機関(発起人の口座)に払い込みます。

ゼ萃役会開催

設立登記

Ы官庁への届出
会社設立後には関係諸官庁への届出を行います。